To Top
OPEN
10AM ~ 7PM
CALL
+82-1661-2230

美しい病院(医療支援活動)


BK美容外科
2017-06-21 11:57

子供たちに夢をプレゼントします。
BK奨学財団

BK美容外科のキムㆍビョンゴン院長

昨年11月16日、BK美容外科のキムㆍビョンゴン院長は、シンガポール韓人会館で開催されたシンガポールへの韓国人留学生を対象とした奨学金授与式に参席しました。キム院長は、BK美容外科初の海外分院となるBKエステティッククリニックをシンガポールに創立し、現在、韓国とシンガポールそして中国を行き来しながら忙しい診療の日々を送っています。

今回の奨学金授与式は、シンガポール韓人会内で高等学校や大学に在学中の学生の中から、成績が優秀で学長及び理事長の推薦を受けた学生を対象に選抜された奨学生への奨学金授与のために開催され、キムㆍヘヨン(Raffles institution)、タクㆍヒョソ(National university of Singapore high school)、ウㆍヨンジュ(韓国国際学校)、ユㆍヨンウン(韓国国際学校)、ハンㆍイェビン(韓国国際学校)、キムㆍユリム(Nanyang girl's high school)、イㆍヨンウ(National university of Singapore)、ユンㆍドユン( National university of Singapore Yale collage)、パクㆍスビン( National Technology university)、チョンㆍイェスル(Singapore Management university)の計10名に奨学金を授与しました。

シンガポール韓人会の代議員でもあるBK美容外科のキムㆍビョンゴン院長は、奨学金授与式において「BK奨学財団は、これまでの10年間、韓国国内の学生を対象に奨学金を支援してきたが、シンガポールにいる韓国人留学生に支援するのは今回が初の試みである。韓国人の学生たちが場所を問わずに素晴らしい人材となり、周りに良い影響を与える光輝く人となってくれること、それがまさに大韓民国を輝かせることなのである。みなさん、自らを認めることのできる立派な人になってくれればと思う」と素晴らしいお言葉を述べられました。

奨学金授与式の後、参席者たちは韓人会の代議員と韓国人学生の交流の時間を設けました。BK奨学財団とシンガポール韓人会は、2017年には韓国人学生だけでなく韓国文化に関心の高いシンガポールの学生たちを対象とした奨学生の選抜も予定しており、シンガポール韓人会が大きくなっただけに、奨学事業の規模と対象も一層拡大して多くの学生たちの助けとなれるよう引き続き努めていくことを約束しました。昨年2月にもBK奨学財団後援のスポーツドクターズが主管する文化、体育、芸術分野の学生たちの中でボランティア活動への関心と積極的な参与を見せた学生たち12名を選抜し、奨学金と奨学証書授与式を開催しました。この奨学生たちは、今後、スポーツドクターズが進行する音楽会、展示会、マラソン等の文化、体育、芸術分野やボランティア活動、才能寄付等に支援することになりました。

BK美容外科の収益は、奨学制度を通じて社会に還元されています。BK美容外科にご協力してくださった方々がいたからこそ奨学財団が設立されたので、奨学生を選抜する際には皆様の意見を反映させることを原則とします。これからも、より多くの学生の助けとなるBK美容外科になります!